転職を支援しているベテランの目から見ても…。

定年退職を迎えるまで同一の企業で働く方は、段々減少してきているようです。昨今は、ほとんどの方が一度は転職をするというのが実態だそうです。そんな状況であるが故に認識しておきたいのが「転職エージェント」という存在です。
派遣先の職種というのは多岐に及びますが、原則的に数カ月~1年程の期間限定契約で、就労先である会社は派遣社員に対して、社会保険などの福利厚生の義務を負わないという規則になっています。
1つの転職サイトに絞って登録するというのは間違いであり、何社かの転職サイトに登録をして、「その全てを比較してから志願する」のが、満足いく転職をする為の重要ポイントです。
転職エージェントにお任せする理由として、「非公開求人を優先的に紹介してもらえるから」と言われる方が稀ではないと聞いています。そもそも非公開求人といいますのは、どういった求人の事を言うのでしょうか?
現在の仕事が自分に合っていると感じられたり、職場環境も言うことがないなら、現在の職場で正社員になることを志すべきだと明言します。

「転職エージェントに関しましては、どこを選んだらいいの?」「どの様な事をしてくれるの?」、「本当にお願いすべきなの?」などと不安を抱いているのではないかと思います。
転職を成し遂げた方々は、どういった転職サイトを利用することが多かったのかは知りたいはずです。実際に各転職サイトを利用された方を対象にアンケート調査を実行して、その結果を踏まえたランキングを作ってみました。
時間の確保が大事になってきます。就労時間以外の暇な時間の大部分を転職活動に割くくらいの気合いがなければ、思い通りの結果が得られる可能性は低くなると考えてください。
正社員を目指すなら、派遣社員を経て直接雇用による正社員雇用を狙うよりも、就職活動をして転職するほうが、比べるまでもなく正社員になれる可能性は高くなります。
非公開求人は、求人募集する企業が競合先に情報を流したくないというわけで、一般公開を控えて内々で動きをとるパターンがほとんどです。

「どんなふうに就職活動に取り組めばいいのか一切わからない。」などと不安を抱えている方に、円滑に就職先を見つけるための基本的な動き方について述べたいと思います。
転職エージェントでは、非公開求人が占める割合は一種のステータスになるわけです。そのことが伺い知れるかのように、どの転職エージェントのオフィシャルサイトを覗いても、その数字が公表されています。
30代の方にお勧めしたい転職サイトをランキング形式で紹介させて頂きます。ここ最近の転職環境としては、いわゆる35歳限界説もないように感じますし、30代後半を向かえてからの転職になっても、年齢を不利だと考える必要はないと言えます。
転職サイトをいくつか比較しようかなと思っても、現在は転職サイトが多すぎるので、「比較要件を決定するだけでも大変だ!」という意見が多いです。
転職を支援しているベテランの目から見ても、転職の相談をしたいと訪問してくる3人に1人の比率で、転職しない方が良いという人だと教えて貰いました。この比率については看護師の転職においても同じだそうです。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 未分類   パーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバックURL :